2021/8/27掲載 西日本新聞朝刊18面 貯蔵タンクがシャワールーム うきは市の酒蔵、古民家改装し観光拠点

うきは市ふるさと納税を勝手にPR中!

2021年8月27日付の西日本新聞に「貯蔵タンクがシャワールーム うきは市の酒蔵、古民家改装し観光拠点」として掲載

うきは市唯一の酒蔵「いそのさわ」(浮羽町西隈上)が、敷地内にある築130年近い古民家を改装し、宿泊施設や食堂、イベントスペースなどを設け地域の観光拠点として活用する。11月末の開業を目指す。

と8月27日付の西日本新聞朝刊18面で報じられており、西日本新聞のWebサイトにも同じ内容の記事が掲載されています。

うきはの宝株式会社が本社移転し、1階にはばあちゃん食堂が入居

改装後、1階には昼間、市内の食品製造会社「うきはの宝」が運営する75歳以上の女性が働く「ばあちゃん食堂」が入り、夜間は地元の仕出店「純正(じゅんせい)」などが酒に合うおでんやつまみを提供する。両店とも地元食材をメインにした料理でもてなす。

記事中にはばあちゃん食堂の入居のみ書かれていますが、うきはの宝株式会社(うきは市浮羽町浮羽756 FLATFORM UKIHA内)のtwitterによると、うきはの宝株式会社の本社移転もあわせて行われるようです。

1階部分の夜間営業には食彩倶楽部 純正のおでんやつまみが提供される

改装後、1階には昼間、市内の食品製造会社「うきはの宝」が運営する75歳以上の女性が働く「ばあちゃん食堂」が入り、夜間は地元の仕出店「純正(じゅんせい)」などが酒に合うおでんやつまみを提供する。両店とも地元食材をメインにした料理でもてなす。

同じ引用箇所となりますが、こちらの記述も見逃せません。

夜間は食彩倶楽部 純正(うきは市浮羽町朝田568-1)のおでんやつまみが提供されるとのこと。

現在は閉店していますが、浮羽町流川で「角打ちダイニング恵比寿」を開いていた二代目が現在は純正で腕を振るっているので、おでん・つまみのクオリティは高いことが確実です。